フリーターの低収入

私は大学卒業後、ある会社で正社員として働いていました。社員の人数は4〜5人と少なく、社長は初めかなり優しく接してくれました。

 

しかし、1ヶ月ほど経ってからのことです。社長はことあるごとに私にパワーハラスメントをするようになりました。業務終了後も帰宅を許してくれない、挨拶が聞こえない、仕事が遅いなど毎日のように暴言が続きました。やがて心身ともに疲れてしまい、私は退職を決意しました。

 

雇用保険は一年近く務めなければ受け取ることはできません。無職となってしまった私はアルバイトを行い生活費を稼いていましたが、以前の職場の給料をアテにしていたため家賃がかなり高く正直ギリギリの生活でした。

 

そんな時、風邪を引いてしまい3日ほどバイトを休んでしまいました。家賃はなんとかなりましたが、光熱費が足りなくなってしまい電気を止められるかもしれない状況です。仕方なく、私はCMでもやっている大手の会社からお金を借り、必死にバイトを増やすことでなんとか返しました。

 

見た目に関して指摘をされると消費者金融が頭をよぎる

消費者金融でお金を借りたくなった状況は、今までに何度もありました。

 

人間関係のストレスからも借りたくなることも何度も何度も数えきれないほどありました。一時的にストレスも解消できると思ったからです。返しさせすれば、問題がないとも思っているからです。

 

 

 

頻度からいけば、人間関係のストレスで借りたくなったということが一番多い状況でしたが、人間関係のストレス以上に借りたくなった状況が、たまにあります。それは、見た目に関して言われたりしたときです。

 

 

 

太っている、女なのに薄毛だ、と言われたときに借りて美容整形しようかな、と思うからです。人生を挽回したい気持ちが働いたときに、消費者金融で借りたくなります。消費者金融によっては、医療ローンが消費者金融にもあると、見聞きしたことがあったので、自分の収入から借りることができるのかどうか、検討しようかなと思ったりもしましたが、自分の収入からは、おそらく、現時点では借り入れできないのではないかと、勝手に結論づけてしまって、借りるには至っていません。

 

お給料が足りない時のキャッシング

いざという時にはキャッシングをしています。それはお給料が足りない時です。残業があるといいのですが、一回もなかった時にはお給料がとても少ないのです。そんな状況で、生活ができないのです。

 

友人がキャッシングをしている事を知りました。利用方法を聞いてみたのです。それがとても簡単でした。保証人も不要ですぐにお金を借りる事ができるのです。それがとても魅力的だったのです。

 

返済方法も少しずつでいいので、私にもキャッシングができると思いました。一回だけのつもりだったのに、もう三回も利用しています。それほど手軽に利用できるものだったのです。

 

今月のお給料ではやっていけないとわかった時、私はキャッシングを利用しているのです。これは借金ですが、簡単にできるので主婦の強い味方でもあるのです。ネットから簡単に申し込みもできるのです。

 

金利はそれなりに高いですが、手軽なので仕方がありません。お金がない時にはキャッシングに頼っているのです。

 

オリックス銀行カードローンの審査